介護に欠かせない事務ソフトの役割とは

subpage01

介護施設を運営して行く中で大切な物の1つに事務作業が上げられます。

よりシンプルさを追求した介護の支援情報サイトをご利用下さい。

施設を利用している方に携わる介護スタッフはもちろんの事ですが、利用した際の利用料や自己負担利用料などを保険請求単位に照らし合わせて計算するのは、とても時間がかかり大変です。


運営している施設の種類や、利用者様の介護保険の認定度数、利用時間や、選択しているサービスと加算内容により大きく違います。

同じ施設を同じ時間利用している人でも、全く利用金額が違うという事もあります。
また、それらの複雑な作業を請求月の翌月10日までに国保連合会へデータを送らなければなりません。



インターネットを通じて送る方法や直接持ち込む、郵送など様々な方法がありますが何れにしても、短時間で多くの事務作業を行う必要があります。

そんな大変な作業を少しでも効率化させる為に欠かせないのが、事務ソフトです。事務ソフトと言っても、色々ありますが介護請求の場合は専用のソフトがあります。


利用者様の情報をあらかじめ登録し、施設の情報を登録する事で簡単に介護請求を行う事が出来ます。領収書や請求書の発行をサポートしてくれたり、利用者さんの日々の状況や、契約の内容、体調管理などを一元化して行う事が出来る事務ソフトもある為事務員だけでなく現場のスタッフからも重宝される物も少なくなりません。

施設の種類や利用用途に合わせて、使いやすく操作性の高い事務ソフトを選択すると良いでしょう。

今、話題の便利な日本経済新聞の情報ならお任せください。

介護についての考察

subpage02

現在、手書きやエクセルなどでの請求業務など、困っていることはないでしょうか。手書きなどの処理では、経営状況がリアルタイムに確認することができなかったり、月末締めまで待たないと、状況を把握できない場合があるのではないでしょうか。...

NEXT

納得の情報

subpage03

コンピューターのソフトウェアと言う物は販売しているメーカー毎にユーザーインターフェースが決められているので初めて使用する方は戸惑いを感じてしまうものです。そういった事は介護向けの保険ソフトでも当てはまり、事務員さんがしばらく慣れない操作に四苦八苦する事もあります。...

NEXT

知りたい介護事情

subpage04

介護保険ソフト導入においては、どのようなサポートを受けれるのかが重要になります。介護ソフトの導入においては、特に初めて行う場合では操作には慣れが必要となることも多く、この場合にはできるだけきめ細かいサポートを受けれることが大切な要素の1つとなります。...

NEXT

身に付けよう

subpage04

介護保険ソフトの導入においては、大きくは、安全性の確保と、コスト削減効果が期待できることになります。介護保険ソフトは、主に、パーケージ型とASP方式による方法が用いられていますが、ASP方式では安い費用で効果を得ることができるために、現在では多くの施設で導入が行われています。...

NEXT